ゲイとして生きている平凡な男

ゲイの方、ゲイに興味のある男性に読んで欲しいと思ってブログをはじめました。

おうち時間【ミッドガル編】

こんばんは。エゾマルです。

 

いつの間にかGWも終わり、5月も下旬に差し掛かります。

我が町は未だに緊急事態宣言の真っ只中。

ゲイ活動も自粛中で書くネタがありません(笑)

 

そんなこんなで、おうち時間はここぞとばかりにゲームとドラマ漬けでした。

 

GWの前半はFF7リメイクをクリア。

推しキャラはバレットですw

最初は大仰なセリフ回しがすごくウザかったのですが、不思議と慣れます。

いや、むしろ可愛くなります。

でかい図体なのにキャンキャン言ってる感じがラブリーですw

 

梯子の上り下りで、何回もわざとバレットのお尻に頭を埋めたのは、ここだけの秘密です(笑)

 

原作のPS時代のFF7は発売当時にクリア済みですが、まぁ見事にすっかりストーリーを忘れていたので、とても新鮮な気持ちでプレイできました。

映像もキレイだし、戦闘もすごく楽しかったです。

今回はミッドガル編で終わりでしたが、ボリューム的には特に問題を感じませんでした。

 

ただ、3D酔いに苦しみました…。

でも、なんとかクリアできて良かったです^^

続編ももちろんやりたいです!

 

以下、ちょっとネタバレ含みますので、知りたくない人は、今回はここまで。

大丈夫な人は、読み進めてください。

 

 

 

 

はい!

ここからは、ただのゲームヲタク話しになります(笑)

 

原作にはなかったフィーラーという存在。

原作=運命とするなら、フィーラーは原作通りに運命を全うするように誘導しているってことですよね?

セフィロスは運命を変えたいから、原作になかった行動をとっているんですよね?

 

これはあくまでも予想ですが、

今回はできなかったけど、次回作ではフィーラーを倒すことで運命を変えることができるようになる…ような気がします。

現代の美麗なビジュアルでFF7追体験したい人には大ブーイングかもしれませんが、フィーラーは「例のアレ」にならないための伏線のように思えて仕方ありません。

 

個人的には、1週目に普通にプレイしていたら原作通りにエンディングになって、強くてニューゲームで進めたら運命を変えられる、っていうのが胸アツかもしれません。

 

ということで、FF7リメイクの分作は次回でさっさと完結して欲しいですw

そしてゴールドソーサーでのデートイベントはバレット一択で(笑)

 

リメイクも良いけど、やっぱり新作のFF16が待ち遠しいです^^

それでは、また!

無自覚なストレス

こんばんは。エゾマルです。

 

自粛での引き篭もり生活。

私は全然一人が苦にならないタイプなので、結構満喫できています^^

…と、言いたいところですが、最近友達と遊ぶ夢をよく見ます。

 

仕事以外で極力人と会わない生活をしているので、友達とも久しく会っていません。

自分では特に意識していなかったけど、やっぱり友達と遊んだり、飲みに行ったりするのが好きなんだなぁ。

と無意識で感じているんだと実感しました。

 

お1人様が大好きな私。

でも、生活からゲイライフがスッポリ抜けて、それがストレスになっているみたいです。

例えるなら、酸素が薄い感じ?

 

あ、私はまったくホゲるタイプではありません(笑)

そういうことじゃなくて、仕事仲間とゲイ友では、心の自由さがまったく違うんだと思います。

好きなタイプの男を見て、うっかり「可愛い」だなんて職場で言ったら大変ですから(笑)

そういった意味では、日々の生活に不自由さや息苦しさを無意識で感じているようです。

 

あと、ジムに行けないのも結構ストレス。

せっかく習慣づいていたのになぁ。

 

早く友達に会いたい!

ジムに行きたい!

飲みに行きたい!

カラオケしたい!

ライブに行きたい!

デートしたい!!!

 

あ、どさくさに紛れて本音出たw

 

すみません、ちょっとスッキリしました(笑)

インフルみたいに温かくなったらコロナの流行が終わって欲しいですね。

切実に。

 

それでは、また!

ごくごく普通のはなし

こんばんは。エゾマルです。

 

4月、新年度になりましたね。

世間は相変わらず新型コロナウイルスでどんよりですが、私は元気です^^

ただ、果たして感染しているのかどうかはわかりません。

無症状なだけで保菌している可能性はあります。

 

だから、もう一か月以上自粛生活中。

ジムも我慢。

飲みに行くのも我慢。

実家に帰るのも我慢。

恋活も我慢…。

仕事や食料品の買い出し以外は、基本的には外出しないようにしています。

 

このウイルスの怖いところは、多くの人が無症状でも保菌し、無自覚に人から人へ感染させ、お年寄りや持病のある人に伝染すると重篤化、そして殺してしまうところです。

 

そう。

もしウイルスを保菌していたら、間接的に誰かを殺してしまいます。

それは年老いた親や祖父母かもしれません。

友達の家族かもしれません。

 

『不要不急の外出をしない』ということは、自分がコロナで死なないためじゃなく、無自覚に人を殺さないためです。

 

今はたとえ自分が元気だったとしても「保菌しているかも」「人に伝染しちゃうかも」と思って行動することが大事。

重篤化さえしていなければ、自己の免疫力でウイルスを撃退してくれます。

人に伝染させなければ、風邪と同じように自然治癒。

全員が自然治癒するまで、人と接触しなければ終息するばず。

 

札幌市民は北海道知事の緊急事態宣言以降、比較的不要不急の外出自粛を継続しているように思います。

おかげで北海道の日々の感染者数は1桁で留まり、4/6の本日はついに新たな感染者0名だったようです。

 

 

しかし!

道外からの旅行者が増えてきています。

せっかく道民が我慢をして感染拡大を抑制しているのに、ウイルスを保菌している(かもしれない)人が流入すると、すべての我慢が無駄になります…。

 

俺だって外に出て遊びたいよ…でも今は我慢の時!

今の楽しみを優先させて外出すると、いつまでたっても終息しません!!

1日でも早く終息を迎えるために、自分の免疫力でウイルスを撃退するまで外出せずに自宅でのんびりお過ごしください^^

NetflixAmazonプライムなどで映画やアニメを楽しむも良し。

今週はFF7リメイクも発売されるし、どうぶつの森を遊ぶも良し。

症状の重い方は保健所にお問い合わせくださいm(__)m

 

早く平凡な毎日に戻りますように。

それでは、また!

おもいやり

こんばんは。エゾマルです。

 

私の住んでいる北海道は新型コロナウイルスの感染者が毎日増えています。

そして、北海道知事からの緊急事態宣言を受けて、結構色々大変です^^;

職場でも感染拡大防止のために色々な変更や対策でてんてこ舞い。

 

だけど、個人的には鈴木知事のこの決断に賛同しています!

 

確かに、お子さんのいる家庭や仕事なんかで不便や影響もたくさんあると思うけど、これ以上の感染拡大を防ぐためには、一人一人が意識的に人混みを避けるなどの行動が大事だと思います。

飲食店やホテルなどの集客しなきゃ成り立たないところもあると思いますが、自分が感染したり、お客さんに感染させたりしたら…それこそ本末転倒です。

終息した後の政府のサポートに期待したいところですね。

 

この状況が長引くともっと大変なことになるので、目先のことは工夫と協力で乗り切る時。

 

私も友達とご飯に行く約束もキャンセルし、ジムも行かず、床屋やマッサージも行きたいけど今は我慢。

しかし、9monのハウリングを見るとちょっとがっかりしますね…^^;

 

でも、これって北海道だけの問題じゃありません!

無自覚に保菌している人が、全国にたくさんいると思います。

検査をしていないだけ、感染者が明らかになっていないだけのようにも思います。

 

いつどこで、自分が感染者になってしまって、そして人に感染させているかもわかりません。

なので、今は極力人との接触を避けて、家で大人しく過ごしています。

 

明日からまた仕事ですが、もうマスクもなくなって結構不安もありますが、とりあえずハンカチを当てて通勤しようと思います。

 

本当は国民全員が同じように危機感を持って行動しないと意味がありませんが、まずは自分がそうすることが大事だなと思って行動します。

 

ただ不安に思っても、焦っても仕方ないので、落ちついて今自分のできるとをするしかありません。

みんなが他人事と思わず、この状況を工夫と協力で乗り切り、1日でも早い終息を願います。

 

「むやみに出歩かない」たったそれだけで、おもいやりですよね。

 

 

読者の皆さんも気をつけてお過ごしください。

それでは、また!

手を繋いで歩こう

こんばんは。エゾマルです。

 

最近やり取りしたメッセージの中で、

「手を繋いで街を歩くとか、普通に男女のカップルがしていることをゲイカップルも普通にできる世の中になってほしい」

相手の方からそんな話しが出ました。

多分、多くのゲイが望んでいる理想の世界。

 

そこで私は思いました。

「お互いに良ければ、手を繋いで街を歩けばいいのに」って。

 

 

実際に男同士で手を繋いで歩いているのを目撃したら、世間の人はどう思うでしょうか?

1.やっぱり「気持ち悪い」って思われる

2.「まぁそういう人もいるよね」ってスルーされる

3.「キモんだよ!」と殴り掛かってくる

 

1の人、一定数いるでしょう。

でも、知らない人にそう思われても、あまり関係ないのではないでしょうか。

逆にカミングアウトしていなくて、家族や友人、学校や職場の人に見られたらと思うとリスキーですよね。

 

2の人、なんとなく1番多い気がする。

自分が思っているほど、世の中の人は他人のことなんて気にしていないと思うのは自分だけでしょうか?(笑)

 

3の人、ほとんどいないと思うけど、運が悪ければこんな変な人に絡まれるかもしれません^^;

 

最近、なんとなく思うこと。

私がゲイなのって、他人にとってはどうでも良いことなんじゃないか。

ゲイばれを恐れているのは、自意識過剰な一人相撲なんじゃないか。

 

なんかいつの間にか、女の子同士で手を繋いで歩いているのを見かけてもなんとも思わなくなったし、中年夫婦が手を繋いで歩いているのだって、昭和だったらあり得なかった光景。

 

つまり、要は日常的によく見かけるかどうかってこと。

男同士で手を繋いでいる人が増え、日常でよく見かけるようになったら、誰にも違和感がなくなる世の中になるんじゃないか。

 

法的な権利を主張して認めてもらってから日常化するんじゃなく、日常化したら法的な権利が認められるようになるんじゃないか。

 

…と思いつつ、自分の現状はカミングアウトしていません。

自分としては、自分がゲイだということを一切ネガティブには思っていません(笑)

ただ、親はネガティブに思うかもしれません。

仕事上でネガティブに思う人がいて働きにくくなるかもしれません。

 

まぁ、自意識過剰な一人相撲かもしれませんが…^^;

 

今の考えとしては、現在の職場はもう約20年務めていて今更カミングアウトすると仕事がしづらくなるので、もしも転職するとしたら、転職先では初めからさらっとカミングアウトしておきたいです(笑)

 

以前にも書きましたが、一緒に生きていくパートナーができたら、親にカミングアウトしたいです。「ゲイだけど幸せだよ」と自分の老後も心配ないことを伝えて逆に安心させてあげたい。

 

その後なら、男同士で手を繋いで街を歩きたいなって思います^^

 

それでは、また!

やっぱり出会いって大事

こんばんは。エゾマルです。

 

『信活』と思っても、やっぱりファーストインプレッションってのは覆すのが難しい!

なんて思っているうちに、2月になってしまいました…^^;

Twitter経由でゲイブロガーのヤシュウさんの音声動画を拝聴し、久々にブログ書きたい欲が湧きました^^

ヤシュウさん、ありがとうございます^^

 

さて、ゲイ専用の有料出会い系アプリ『bridge』

実は私も使ったので、感想を綴ってみたいと思います。

 

真面目な出会いを求めていたので、ちょっとトライしてみました。

はじめはちょっとお試しで3か月…の予定だったのですが、油断してたら自動更新されて更に3か月^^;

なんと合計6か月もやってしまいましたw

 

結論から言うと、東京や関東の人ならきっとたくさん出会えるんだと思いますが、北海道住みの私にはまったく使えないアプリでした。

そもそも北海道の登録者(アクティブユーザー)が少ないんだと思います。

1日に3名の紹介があるのですが、皆さん遠い…。

 

私はダラダラとメッセージを続けるよりも、まずは会って話したい派。

マッチングしても遠距離だと実際に会うまでに時間がかかるのは必然。

しかもお互いにアプリ利用期限のタイムリミットがあるので、私のような「まずは会って話したい派」には尚更ミスマッチかもしれません。

 

北海道もゲイ人口はそれなりに多いと思うので、登録者がもっと増えたらすごく良いアプリになると思います。

でも、アプリよりもお見合いサービスの方がいいなぁ。あ、これも登録者が増えないとやっぱり使えませんね^^;

 

真面目な出会いを求めている道民ゲイを募ったら、いったいどのくらい集まるだろうか。

 

お見合いパーティーをするとしても、飲食店に予約だとドタキャンがあったら大変。

だったら、安いレンタルルームを借りて集まった人数で割ったらいいか。人が多くなれば安くなる(笑)

飲食物は持ち寄ってアットホームに。

はじめはみんな緊張しているだろうから、簡単なプログラムとタイムテーブルを用意しておけばいいかな。

ちょっと温まったらフリーで。

集まった人はみんな恋人を求めているので、シャイなままなのはもったいない!

もう二度と会えないかもしれないので積極的に。

カップルができればそれでいいし、気が合えば友達でもいいよね^^

誰とも合わなければそれっきりってのもアリ。

 

ん。

なんか、

自分で運営できそうな気がしてきた(笑)

 

あとはどうプロモーションするかが問題。

ちょっと企画考えてみようかな^^

興味ある方はご一報ください(笑)

 

それでは、また!

シンカツ始めます

明けましておめでとうございます!

エゾマルです。

 

令和元年は『恋活』と称してたくさんの人と出会った1年でした。

みなさん良い人だったけど、結局は今尚お1人様継続中です。

 


Juice=Juice『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』(Promotion Edit)

 

2019年のエゾマル的ハロプロNO1楽曲。

Juice=Juiceの『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』

曲も歌詞も、私とのシンクロ率がイイ感じですw

良かったらまず再生してみてください(歌詞も付いているのでわかりやすいです)

 

昔から「ひとりで生きられそう」ってよく言われてきました(笑)

たぶん、昨年出会ったみなさんも、私と話した後には同様に思われたことでしょう^^;

 

確かにひとりで生きていくことに、今のところ困ってはいませんw

でも、ずっとひとりでいたいとか、恋人はいらないとかは、まったく思っていません。

 

とは言っても、誰でも良いわけではありません。

そして出会ってすぐに付き合えるほどの勢いもありません。

たまに、会ってすぐに「付き合いたい」と言ってくれる人がいるけど、「誰でもええんかい!」って思ってしまいます^^;

私は自分のことを結構話してしまう方ですし、相手も良く話してくださる方が多いですが、すぐに「付き合いたい」と思う方は相手(私)を信用するのが早い!と思います。

もちろん、私は悪人ではないと思いますし、相手の方も悪人ではないとは思いますが、信用するには信頼関係を築くというステップが必要不可欠ですよね?

 

私が何より大事に思うのは、愛情を持って相手を思いやれる気持ち。

初対面で気遣いはしますが、愛情はなかなかすぐには抱けないかと思います^^;

 

♪だけど私自身を 幸せにできるのは♪

♪結局は私だけ 勇敢にならなくちゃ♪

 

そう、自分は主体的に恋できる相手がいいんだなと思いました。

昨年は『恋活』と思ってたくさんの人と会ってきましたが、今年は関係性をどう深めていけるのかを考えていきたいと思います。

機が熟すまでは焦らずに、でも機を逃さずに過ごせたらと思います。

 

♪「ひとりで生きられちゃうの」それは素敵なはずでしょう?♪

♪胸張る私になって 誰か愛したい♪

 

そういうことです(笑)

今年は信頼関係を築ける相手を見つける『信活』をしていこうと思います。

 

それでは、本年もよろしくお願いいたしますm(__)m